まさてぃーGAMES

21時頃更新♪ドラクエ大好き![星のドラゴンクエスト]を中心に毎日楽しく更新しまーす♪現状、土日はお休みさせていただく事が多いですm(__)m いろんなユーザーさんと楽しく交流出来ればと思いますので、気軽にはてブ、読者登録、Twitterフォローしてください♪

【星ドラ】上級職の黒歴史について紹介していく②やらかしたスーパースター

f:id:masatygames:20161107193544j:plain

まさてぃーです。

 

うっかりミス、計算違いや計算外、

そんなつもりではなくても「やらかしてしまった…」

なんて事はあるかと思います。

 

今回も、ワンランク上の職業に就いたくせに、

絶対にやってはいけないスーパースターの黒歴史の一つを書いていこうと思う。

 スーパースター

[どんな状況からでも味方を癒す 戦場の華]

と言われるほど、その存在、そして技などが、

正に芸術的な美しさが漂う、

踊り子とレンジャーを習得したもののみが就ける職業。

 

 

特徴的な技として、あの有名な

[ハッスルダンス]

・仲間全員のHPを中回復

 

[オンステージ]

・仲間全員の攻撃力とすばやさを上げる

(発動者が攻撃されたり動けなくなった際、技が解除される)

 

特にオンステージ中の彼らのダンシングは見ているもの全てを魅了してしまうほど、華麗な技と言える。

 

 

大事な局面

大事な局面にあるほど、その存在に大きく助けられる冒険者は多々いるハズ。

 

全体の回復が出来、死地から息を吹き返したという経験や、

ラストゲージ突入後のごり押しラストスパートを掛けるタイミングでの、

オンステージの恩恵は計り知れない。

 

だが、このオンステージを踊るタイミングを見極められるか否かが、

スーパースター道を生き抜く上での大きなポイントになる事は間違いない。

 

以下に、その一例となる黒歴史を記述しておく。

 

 

黒歴史

~とある冒険にて、竜王討伐に向かう一行に起きた悲劇~

(再現VTR(Vじゃないけどw))

 

スーパースター(以下スパ)「出たな竜王!この戦いに勝って、お宝ゲットだぜ!」

 

f:id:masatygames:20161107200203p:plain

 

その他メンバー(以下メン)「そうね!私たちはその為にここまで来たのよ!

覚悟!竜王~!!」

 

スパ「よ~ぉし、最初っからブッパでいくぜ!

俺の華麗な踊りを見よ!(ついでにメンバー〇〇ちゃんのハートもゲットだぜ( *´艸`))」

 

f:id:masatygames:20161107200457p:plain

 

スパ「よし!いくぜ!!」

(下の画像では、敵ゲージの下に[はげしいおたけび]のCTが溜まっている。)

 

f:id:masatygames:20161107200736p:plain

 

メン「えっ!?」

 

メン「いや・・・ちょ・・・」

 

メン「待て・・・」

 

メン一同「待てぇぇぇ~い!!」

 

~ピカーーーンぴゅうぴゅう~

 

f:id:masatygames:20161107200932p:plain

 

スパ「へっ!どんなもんだ!俺かっこいいだろ?

〇〇ちゃん、俺に惚れたやろ( *´艸`)

終わったらフレンド申請しとこ♡」

 

次の瞬間↓

 

f:id:masatygames:20161107201109p:plain

 

スパ「な、なに!?」

f:id:masatygames:20161107201155p:plain

 

f:id:masatygames:20161107201220p:plain

 

スパ「そ、そんな・・・バカな・・・」

 

[オンステージ]は術者が攻撃を受けると発動が解除されてしまう。

とても有用で有難い技であるが、

相手の攻撃を受ける直前、

ましてや全体攻撃が来ると判っている直前に発動させるのは愚の骨頂。

 

わざわざ自分のスキルゲージをガッツリ減らしてしまうだけなのだ。

 

結果

かくしてその後、このスーパースターは[じぇっ!]スタンプや

f:id:masatygames:20161107201752p:plain

[じー・・・]スタンプを連打され、

f:id:masatygames:20161107201805p:plain

 

空気の悪いまま竜王討伐を終えるのだった。

 

無論、誰からもフレンドの申請が来る事はなかった。

 

スーパースター諸君、

 

気を付けよう。

www.dragonquest.jp

最後に

[オンステージ]発動前は、

・相手のCTゲージの溜まり具合、

・間もなく相手の体力ゲージを跨いでしまわないかどうか、

・可能であれば相手のAIの予測など、

判断して発動したい。

 

時にミスをしてもいい、Lvが低くても、

プレイが下手でもいいと思う、

ただ、ユーザー皆が楽しく冒険出来るよう、

一つの知識として留めて頂けたら幸いに思う。

 

黒歴史シリーズ、またやるかも(^^)

See you!

 

本日も最後までお読み頂き有り難う御座いますm(__)m

宜しければ下記[B!]ボタンよりブックマークお願い致します♪